利用規約

Kitakyushu SIerNet DX Marketplace(DX-MP)利用規約


 「Kitakyushu SIerNet DX Marketplace」(以下「DX-MP」といいます)とは、北九州システムインテグレータネットワーク(以下「北九州SIerNet」といいます)に参加する各社(以下「サプライヤー」といいます)が提供する商品を販売する事を目的として、ビープラッツ株式会社(以下「ビープラッツ」といいます)が北九州SIerNetより委託を請けて運営するECサイトをいいます。

 お客様(以下「DX-MP会員顧客」といいます)は、DX-MPを利用する為の諸条件を定めた「Kitakyushu SIerNet DX Marketplace利用規約」(以下「DX-MP利用規約」といいます)に同意頂く事により、DX-MPを利用して商品を購入する事が可能となります。
 尚、DX-MP会員顧客が商品を購入する際の諸条件は、別途ビープラッツが定める「Kitakyushu SIerNet DX Marketplace(DX-MP)売買規約」(以下「DX-MP売買規約」といいます)に従うものとします。また各サプライヤーが提供する個々の商品の購入については別途当該各サプライヤーが定める利用規約またはそれに準ずる契約等(以下「サプライヤー契約」といいます)に従うものとする。


第1条(用語の定義)
DX-MP利用規約で使用する用語の定義は、以下に定める通りとします。
(1)「サプライヤー」とは、DX-MPに商品やサービスを登録し販売する北九州SIerNetの参加企業をいいます。
(2)「運用会社」とは、ビープラッツをいいます。
(3)「商品」とは、サプライヤーが提供する売切商品または継続商品をいいます。
(4)「売切商品」とは、ハードウェアなどの有形物やSaaS、クラウドサービス導入時の初期費用など継続的な利用料金または売買代金が発生せず、都度売買取引が成立する商品又はサービスをいいます。
(5)「継続商品」とは、クラウドサービスや、ハードウェアの保守及びサポートサービスなどの利用期間中に、継続的な利用料金または売買代金が発生し、継続的に売買取引が成立する商品又はサービスをいいます。
(6)「DX-MP会員顧客」とは、商品の見積作成依頼、注文行為などを行う法人、その他の団体をいいます。
(7)「DX-MP会員顧客アカウント」とは、DX-MPにて発行されるログインIDなどのアクセス認証に使用される固有の識別子の事をいいます。
(8)「DX-MP会員顧客パスワード」とは、アカウントの確認の際に必要となるアクセス認証に使用される固有の識別子の事をいいます。

第2条(DX-MP利用規約の改定)
1.北九州SIerNet、及び、運用会社は、DX-MP会員顧客に事前の通知を行う事なくDX-MP利用規約の内容を改定する場合があります。尚、改定した場合は速やかにその内容をDX-MPに掲載するものとします。
2.DX-MP会員顧客は、定期的にDX-MP利用規約の最新の内容を確認する義務を負うものとし、北九州SIerNet、及び、運用会社に対して、DX-MP利用規約の改定に関する不知を申し立てる事を禁止するものとします。
3.北九州SIerNet、及び、運用会社は、DX-MP利用規約の改定によりDX-MP会員顧客に生じた一切の損害について、直接損害か間接損害か否か、予見出来たか否かを問わず、一切の責任を負わないものとします。

第3条(個人情報の取り扱いについて)
1.DX-MP会員顧客は、運用会社が別途定める「プライバシーポリシー」及びこの利用規約に同意し、DX-MPを利用するものとします。
2.運用会社は、DX-MP会員顧客から取得した個人情報を以下の目的のために利用します。
 (1)DX-MP会員顧客に対する見積、売買契約等の履行
 (2)購入された商品の更新手続きの御案内
 (4)DX-MPのメンテナンス(障害情報を含む)のお知らせ
 (4)新しい商品の案内など有益かつ必要と思われる情報の提供
 (5)DX-MPの利便性改善や利用者のニーズに沿ったキャンペーン、セミナーイベント、アンケート等の実施を目的としたマーケティング活動及び統計資料の作成
 (6)お問い合わせや苦情等への対応
 (7)取得した個人情報が事実と相違ない事の調査
3.運用会社は、サプライヤーが行う次項の目的達成のため、DX-MP上でDX-MP会員顧客の個人情報が含まれる登録情報(氏名、会社名、所属部署名、住所、電話番号、メールアドレス等)を取得し、サプライヤーと共同利用します。この場合、運用会社が共同利用するサプライヤーは、 https://www.kitakyu-sier.jp/service/company-listに掲載のあるサプライヤー及び事務局である北九州市(以下「サプライヤー等」といいます)とし、運用会社が管理に関して責任を有するものとします。尚、サプライヤー間の個人情報の共同利用は行ないません。
4.サプライヤー等は、以下の各号の利用目的のため、DX-MP上に記録されたDX-MP会員顧客の個人情報が含まれる登録情報の提供を運用会社より受け、共同利用するものとします。
 (1)DX-MP会員顧客からの商品に関する問い合わせ対応等を行う目的
 (2)DX-MP会員顧客に対し商品の見積作成、販売、納品、課金、不具合対応、アフターサービス等を行う目的
5.サプライヤー等は、前項の利用目的を達成する為に、仕入先などに対してDX-MP会員顧客の個人情報を提供する場合があります。
6.DX-MP会員顧客は、各サプライヤーの個人情報保護方針、プライバシーポリシー又は個人情報の取り扱い等に関しては、各社のHP等を閲覧し、内容の確認及び当該方針又は取り扱い等に同意を行った上でDX-MPの利用を行うものとします。

第4条(提供区域)
DX-MPで取り扱われる商品の販売及び提供が可能な地域は、日本国内に限定されるものとします。

第5条(サプライヤー、及び、第三者による商品の販売)
DX-MPで取り扱われる商品の販売はサプライヤー、又は、第三者が直接、DX-MP会員顧客に行うものとし、運用会社は、サプライヤー、又は、第三者の行為及び商品に関する保証を行わず、如何なる責任も負わないものとします。

第6条(利用申込の方法)
DX-MPの利用を希望される方は、DX-MP利用規約を確認し同意した上で、運用会社所定の手続に従って利用申込を行うものとします。

第7条(利用申込の承諾)
DX-MPの利用契約は、DX-MP会員顧客が前条に定める利用申込を完了し、運用会社が利用申込を受け付けた旨をDX-MP会員顧客が登録したメールアドレスへ電子メールで通知する事をもって成立するものとします。

第8条(利用申込の不承認と利用契約の解除)
運用会社は、次の各号の一に該当する事情がある場合に利用申込を承諾しない事があります。また、運用会社は、利用契約成立後であっても、次の各号の一に該当する事実が判明した場合に直ちに利用契約を解除する事が出来るものとします。
 (1)利用申込の際に虚偽の事項を記載した事が判明した場合
 (2)過去に不正使用などにより利用契約の解除、またはDX-MPの利用を停止されている事が判明した場合
 (3)その他利用契約を締結し継続する事が技術上、または運用会社の業務遂行上著しく支障をきたす可能性があると判断した場合

第9条(DX-MP会員顧客アカウント及びDX-MP会員顧客パスワードの管理)
運用会社は、DX-MP会員顧客アカウント及びDX-MP会員顧客パスワードのみによってDX-MP会員顧客の同一性を判断し、当該アカウント及びパスワードによるDX-MPの利用は、当該DX-MP会員顧客によるものとみなします。
1.DX-MP会員顧客は、自己のアカウント及びパスワードを当該第三者に貸与または譲渡する事、アカウント及びパスワードを第三者と共用する事を禁じます。
2.DX-MP会員顧客は、自己のアカウント及びパスワードについて責任を持って管理するものとし、第三者の不正使用等に起因するすべての損害について責任を負い、運用会社は一切の責任を負わないものとします。
3.DX-MP会員顧客が、自己のアカウント及びパスワードの利用に起因または関連して、第三者または運用会社に対して損害を与えた場合には、DX-MP会員顧客は自己の責任と費用において損害を賠償するものとします。

第10条(利用申込内容の変更)
DX-MP会員顧客は、DX-MPの利用申込時に登録した内容に変更があった場合には、速やかに変更手続きをDX-MP上の機能を利用して行うものとします。

第11条(DX-MP会員顧客による利用契約の解約)
DX-MP会員顧客は、利用契約の解約を希望する月の前月10日までに、運用会社が定める方法に従い、その旨を運用会社に通知する事で解約出来るものとします。

第12条(運用会社による利用契約の解除)
運用会社は、DX-MP会員顧客が次の各号の何れかに該当する場合には、何ら催告を要せずかつ何ら責任を負う事なく、当該DX-MP会員顧客によるDX-MPの利用を停止し、利用契約を解除する事が出来るものとします。この場合、運用会社はかかる解除について一切の責任を負わないものとし、かつDX-MP会員顧客は運用会社に対する一切の債務につき期限の利益を失い、直ちに全債務を完済するものとします。
 (1)仮差押、仮処分、強制執行、競売等の申立、仮登記担保契約に関する法律第2条に定める通知、手形交換所の取引停止処分若しくは租税公課の滞納その他滞納処分を受け、またはこれらの申立、処分、通知を受けるべき事由を生じた場合
 (2)支払停止、支払不能若しくは債務超過の状態に陥りまたは破産、会社更生手続及び民事再生手続等の倒産処理手続(DX-MP利用規約締結後に改定若しくは制定されたものを含む)の申立原因を生じ、またはこれらの申立を受け若しくは自らこれらの申立をした場合
 (3)DX-MP会員顧客がDX-MP利用規約に反する行為をした場合
 (4)その他運用会社が当該DX-MP会員顧客によるDX-MPの利用継続が不適当と判断する場合

第13条(売買契約の解除)
第11条または第12条の定めに従い利用契約が解約または解除された場合には、DX-MP売買規約で定めるDX-MP会員顧客とサプライヤーの間で締結されたすべての売買契約は、DX-MP売買規約で定める解約または解除の取り決めに従い、同時に解約または解除されるものとします。但し、DX-MP売買規約の第5条(代金の支払)において、未払い代金がある場合には、未払い代金の支払完了を以て、解約、解除できるものとします。

第14条(DX-MPの中断及び停止等)
天災地変、通信システムの障害、DX-MPの定期的若しくは緊急保守、技術的な障害、第三者との紛争、またはDX-MP運営方針の変更等の事態が生じた場合、及びその他運用会社が必要と判断した場合は、DX-MPの全部または一部の提供を中断し、または停止する事が出来るものとします。この場合、運用会社は事前にまたは事後遅滞なくその旨及びDX-MP再開の目処を運用会社所定の方法にて通知するものとします。
 1.運用会社は、運用会社所定の方法によってDX-MP会員顧客に通知する事により、DX-MPの全部または一部を終了させる事が出来るものとします。
 2.本条の定めに従い、DX-MPの中断・停止・終了・変更を行った場合、運用会社はDX-MP会員顧客またはその他の第三者に対して如何なる責任も負わないものとします。
 3.不測の事故等の止むを得ない事由により、DX-MPの遅延または中断、停止等が発生した場合、運用会社は一切の賠償責任を負わないものとします。

第15条(禁止事項)
DX-MP会員顧客はDX-MPの利用にあたり、以下の行為を行ってはならないものとします。
 (1)DX-MPを自己使用以外の営利目的その他不正の目的の為に利用し、またはDX-MPを利用した営業行為を行う事
 (2)DX-MP利用規約に基づく権利を第三者に再許諾する事
 (3)DX-MPを日本国外で利用する事
 (4)アカウント及びパスワードを不正に入手若しくは使用し、またはさせる事
 (5)DX-MPに関連して使用されるサプライヤー及び運用会社、若しくは第三者の著作権、商標権等の知的財産権等その他一切の権利を侵害する行為、または侵\害する恐れのある行為
 (6)コンピュータウイルスやスパムメール等その他有害なコンピュータプログラム等を送信し、DX-MPの提供を妨害し、またはその支障となる行為
 (7)犯罪行為を助長し、またはその他犯罪行為に結びつく行為
 (8)サプライヤー及び運用会社、若しくは第三者を誹謗中傷し、その名誉、信用を害する行為
 (9)サプライヤー及び運用会社、若しくは第三者の設備等に無権限でアクセスし、その利用若しくは運営に支障を与える行為または与える恐れのある行為
 (10)その他運用会社が合理的理由に基づいて、不適切・不相当と判断する行為
 (11)上記各号の他、法令、DX-MP利用規約、公序良俗に違反する行為、またはDX-MPの運営を妨害する行為、サプライヤー及び運用会社、若しくは第三者に不利益を与える行為

第16条(権利義務等の譲渡等の禁止)
DX-MP会員顧客は、理由の如何を問わず、DX-MP利用規約上の地位の移転、DX-MPの提供を受ける権利等DX-MP利用規約及びこれに付帯する一切の契約に基づいて発生するすべての権利義務の譲渡または質権設定その他の担保提供を行う事は出来ないものとします。

第17条(免責事項)
1.DX-MP会員顧客は、DX-MPをDX-MP利用規約に従い自己の判断と責任で利用するものとします。DX-MPの利用に関連し、DX-MP会員顧客が他のDX-MP会員顧客または第三者に損害を与えたものとして、運用会社に対して当該DX-MP会員顧客または第三者から何らかの請求がなされ、または訴訟が提起された場合、DX-MP会員顧客は自らの費用と責任において当該請求または訴訟を解決するものとし、運用会社を一切免責するものとします。
2.DX-MP会員顧客がDX-MP利用規約に定める禁止事項に違反し発生した損害については、運用会社は理由の如何を問わず一切責任を負わないものとします。

第18条(知的財産権の権利帰属)
DX-MPに掲載されるテキスト及びグラフィックス等(以下総称して「ドキュメント」といいます)に関する著作権、特許権、商標権、ノウハウならびにその他すべての知的財産権は運用会社または運用会社へ権利許諾を行った第三者へ独占的に帰属するものとします。
但し、ドキュメントと合わせてDX-MPに掲載されるサプライヤーの商標及びロゴ等に関する商標権等の知的財産権は、サプライヤーが留保するものとします。DX-MP会員顧客は、DX-MP上で明示的に許諾される場合を除き、運用会社の事前の書面による承諾を得る事なくドキュメントをダウンロード、アップロード、複製、転載、編集等出来ないものとします。

第19条(責任の範囲)
運用会社はDX-MPについて、その完全性、正確性、確実性、有効性等、DX-MP会員顧客の特定目的の適合性について如何なる保証も行わないものとします。
1.DX-MPのプログラムにバグ等の瑕疵、その他の不具合が発見された時は、運用会社は速やかに不具合の修正、改良に努めるものとします。
但し、DX-MP会員顧客は、運用会社にこれらプログラムの不具合の修正、改良等を実施する義務がない事に同意するものとします。
2.運用会社は、DX-MP利用規約に明示的に定める場合を除き、その責に帰すべからざる事由からDX-MP会員顧客に生じた損害、当社の予見の有無に拘らず、特別の事情から生じた損害、逸失利益、及び第三者からの損害賠償請求に基づくDX-MP会員顧客の損害その他の損害については責任を負わないものとします。
3.天災、地変、戦争、内乱、その他の不可抗力により、DX-MPを提供出来なかった時は、運用会社は一切その責を負わないものとします。
4.運用会社は、事由の如何に関わらず、DX-MP会員顧客がDX-MPにおいて書き込んだ情報の消滅及び消滅した事に起因して当該DX-MP会員顧客に損害が生じたとしても、一切責任を負わないものとします。

第20条(反社会的勢力の排除)
1.DX-MP会員顧客は、以下の各号の事項を確約する事に同意するものとします。
 (1)自らが暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標榜ゴロ、政治運動標榜ゴロまたは特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者(以下総称して「反社会的勢力」という)ではないこと
 (2)自らの役員(業務を執行する社員、取締役、執行役またはこれらに準ずる者をいう)が反社会的勢力ではないこと及び反社会的勢力が、経営に実質的に関与していると認められないこと
 (3)反社会的勢力に自己の名義を利用させる者でないこと
 (4)自らまたは第三者を利用して以下の行為をしないこと
  (A)脅迫的な言動または暴力を用いる行為
  (B)偽計または威力を用いて業務を妨害し、または信用を毀損する行為
  (C)不当に反社会的勢力を利用していると認められる行為
  (D)反社会的勢力に資金等を提供し、または便宜を供与している関係を有する行為
2.運用会社は、DX-MP会員顧客が前項に定める確約に反した事が判明した場合、何らの催告を要せずして、このDX-MPの利用契約を解除することができます。
3.前項により利用契約が解除された場合には、解除されたDX-MP会員顧客は、解除により生ずる損害について運用会社に対して一切の賠償請求を行なうことは出来ないものとします。

第21条(準拠法)
DX-MP利用規約に関する準拠法は、すべて日本国の法令が適用されるものとします。

第22条(合意管轄裁判所)
DX-MP利用規約に関連する訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

制定:2021年1月25日

ビープラッツ株式会社
PageTop